韓国語で人生が変わる!oulmoonのお一人様HAPPYライフ

2015年から本格的に韓国語の勉強をスタート!2019年10月にTOPIK6級取得しました!

ふと思ったこと

韓国市長の自殺で幕を閉じるのか否か「パク·ウォンスン前ソウル市長セクハラ事件」について

投稿日:2020年7月17日 更新日:

「朴前ソウル市長セクハラ事件」で私が感じたこと

안녕하세요?
oulmoonです。

 

先週から、朴ソウル前市長が7月9日に自殺したというニュースが日本でも何度か出ていましたね。

 

なかなかショッキングな事件ではありますが、政治絡みの事件なので館国内でも偏ったニュースが多いし、日本でもそこまで詳しく報道されていないのも確かです。

 

個人的にも気になったので、この事件について「興味はあるけどよく分からない!」という方のために、元市長の人物像や事件のこれまでの経緯などざっくりまとめたいと思います。

 

 

 
パク・ウォンスン前市長ってどんな人?

もともと朴氏は人権派として活動していた弁護士でした。

特に韓国で初めてセクハラ被害の裁判に勝訴した弁護士の1人として有名です。

 

박원순(ナムウィキ) → 

 

박원순 성추행 피소 사건(ナムウィキ) → 

박원순 서울특별시장 사망 사건(ナムウィキ) → 

 

韓国と日本のWikipediaで書かれていることが多少異なっていたり不足している部分はありますが、韓国語で読むのは負担が大きい方はこちらを → 

 

 

上の韓国のWikipediaを読むと、

1993년 우조교 성희롱 사건의 변호인으로 성추행이 불법이라는 것을 세상에 알린 박원순이지만, 아이러니하게도 실종 사건이 일어나기 하루 전인 2020년 7월 8일, 비서로부터 성추행 혐의로 고소를 당했다.(93年、ウ助手セクハラ事件の弁護人としてセクハラが不法であることを世間に知らしめた朴元淳(パク·ウォンスン)だが、皮肉なことに失踪事件が発生する前日の20年7月8日、秘書からセクハラ容疑で告訴された。)

とありました。

 

朴氏は、1993年に韓国初のセクシャルハラスメント裁判の弁護団に無報酬で参加し6年ちかい歳月を闘い、裁判を勝利に導き、セクシャルハラスメントの認識を韓国に根付かせるのに貢献した経歴がある人でした。

無償で6年も弁護を引き受け、勝訴を勝ち取るって映画みたいですよね。

 

 

以前このブログでも紹介した韓国映画「弁護人」という作品は盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領をモデルに作られた作品ですが、盧武鉉大統領の部下だったのが今の文在寅(ムン・ジェイン)大統領で、彼も人権派弁護士の一員だったんですよね。

 

その文大統領と同期で親しかった朴氏も人権派として有名となり、その後選挙に出て市長に当選。
ソウル市長を3期歴任した初めての人物としても人気の高さが分かります。

 

 

 

彼が訴えられた事件って?

そんな彼が、歴史に残る勝訴の17年後にまさかのセクハラ問題で告訴されたのが今回の事件です。

 

当時市長の秘書であった女性が控訴した内容によると、朴氏は2017年からテレグラムを通じて多数のわいせつな写真を転送したりその女性の写真も要求、また朴氏の執務室内部の寝室で自分に身体接触をしたとのことです。 

 

どこまで証拠がそろっているかは定かではありませんが、カカオトークでのそういった指示の会話内容は証拠として提出されているそうです。

 

被害者側が告訴したのが7月8日。
国民日報の報道によると、ある与党関係者は朴氏がセクハラ告訴を受けた後、周囲に「あまりにも悔しい。 裏切りの感情が大きすぎる」という趣旨の反応を見せたといいます。

 

そして、9日に娘さんから「父が遺言めいたメモを残して行方不明になった」と通報があり、翌10日に遺体で発見されました。

 

3選のソウル市長出身の有力な大統領選候補だった朴氏は、大衆の前で矛盾した言動による社会的指弾と法的審判を受ける代わりに、自ら極端な状況を選択した可能性が高いと報道されました。

 

今回の事件は朴氏の死去に伴い、追加捜査なしに「公訴権なし」で幕を閉じました。
遺書には自殺動機をはっきりと書かれていないようですが、自分の支持層や家族に与える被害による罪悪感については書かれていたそう。
そのため、セクハラ事実が明らかになることに対する圧迫感が最も有力な自殺原因の一つと考えられていますが、朴氏の自殺により警察が捜査を終結したため、事件に対する裁判所の判断が得られなくなりました。

 

ところが、その後カロセロ(縦横)研究所のカン・ヨンソクがパワハラによるセクハラ幇助(ほうじょ)でこの事件に関わったソウル市副市長らを告発しました。
また、朴氏の遺族らが死者名誉毀損罪で、セクハラであることを主張するネチズンたちに対する告訴の意思を明らかにしたことで、該当容疑に関する捜査が進められる可能性が出てきたそうです。

 

もしかしたら、真実がこの世に明るみになるのかもしれません。
それが必ずしも人々を納得させる結果に終わるかは分かりませんが。

 

 

 

最近多いセクハラ事件

朴元淳ソウル市長がセクハラで告発されたことが明らかになるや韓国全土に衝撃が走りましたが、自殺という選択に国民はなおさらショックを受けているようです。

 

でも、実は与党の要人によるセクハラ疑惑は今回が初めてではないんです。

 

2018年3月の安熙正・忠清南道知事を皮切りに、今年4月には呉巨敦・釜山市長が相次いで告発され、この2年間で3人。

ちなみに、安熙正氏は女性秘書への性的暴行により失職・実刑判決がくだり現在収監中。

呉巨敦氏は同市庁の女性職員へのセクハラにより辞職しています。

去年世間を揺るがした#MeTooの影響も少なからずあるのは確かです。

 

 

 

「記事に偏りが多いから参考になりにくい」といいながらも先生から勧めてくれたニュースです。

短いし聞き取りやすいので、興味があれば見てみてください

 

▼その他、ざっと読んでみた記事たち

韓国大統領の有力候補、ソウル市長が自殺に追い込まれた本当の理由 (ダイヤモンド・オンライン)

박원순 서울시장 영결식 마쳐… 그의 죽음이 남긴 논란은?(BBC NEWS 코리아)

 

“전혀 다른 얘기 있다” 박원순 사망 이유 뒤집기 나서나(한국경제)

‘인간적인 사과 받고 싶었습니다’ 박원순 고소인 입장 발표

 
  

 

極端な言動に違和感を感じることが多い韓国

こうしてみるとなんですね…。

盧武鉉元大統領はいまだに人気の高い大統領ではありますが、今の政権をみていると「人権派」ってなんなんだと考えてしまう。

 

もちろん、朴元市長が自殺したことで事件の真相は一層わからなくなってしまったし、どちら側が正しいのかもわかりません。

一方的に被害者をかばう気もありません。

以前書きましたが、韓国の「フェミニスト」の中にはかなり過激な人や被害者意識が尋常じゃない人たちがいるので、基本的に偏りなく客観的に事件を理解したいと思っています。

ただ、女性のためと声を高らかに弁護していた人が、逆の立場になることがある事実…。

 

現大統領にしろ、朴元市長にしろ、「人権派」として国民の中でも弱い立場にある人々のために汗水たらしていたはずの人たちが、いざ政治のど真ん中で生きると色々変わってしまうのかと思わずにはいられない。

 

本人たちは変わらず「弱者のために」と働いている気になっているのかも知れないけど、その働きによってより苦しめられている弱者たちのことを無視しているというか。

超左派の人たちのこれまでの言動を多少知っている分余計に考えさせられます。

 

そういえば、盧武鉉元大統領も2009年に自殺をしているんですよね。

彼も人権派弁護士出身で革新系の若手政治家として人気が高い人でしたが、夫人の金銭疑惑で退任後、検察の捜査対象にり自殺を選択しました。

 

もしかして、この選択の仕方というか、生き様の矛盾さが左派の共通点なのかな。

左派や革新勢力は人権や弱者保護、清潔さなどいわゆる「道徳性」を看板としているけど、そこから生まれる極端さとか、その裏でみせる偽善的言動とか。

 

今の文在寅政権も「公正・平等・正義」を強く謳っていますが、昨年の“チョ・グク・スキャンダル”でなど見ても同じような感じがします。

 

 

いずれにせよ、自殺という選択を選ぶことだけはしてほしくなかったです。

過去に人権派としてきっちりと功績を残した人なら、その名誉を守るための選択が死ではあってほしくなかった。

どんな真実があったにせよ、法廷でもどこでも原告と向き合い、自分向き合い、生きて真実を明かしてほしかったです。

 

 

▼同じ派閥でも世代によって政治家の対応も違うようです

韓国与党首長セクハラ疑惑、「#MeToo」巡る革新陣営の亀裂露呈

原題:Seoul Mayor’s Death Exposes Split in Moon’s Party Over #MeToo(1)(抜粋)

 

 

また、今回の訃報をうけて、二次被害も出ている様子。

こういう面でも、悪い意味で「韓国らしい」と思わずにいられません。

ちゃんと反対的な言動を起こしている人々のこともあとに書かれているので、その辺は一方的ではないようで安心していますが、どちらにしても双方の批判の仕方が過激になりそうで胸が痛いです。

「朴元淳ソウル市長を告訴した女性を必ず探し出して報復する」(朝鮮日報)

 

 

なんだか書いているうちにますます気持ちがやるせなくなってきました。

今回載せた記事たちは多くある情報の中のほんの一部です。

あくまで参考程度に、特に韓国の記事は읽기 の教材くらいの感覚で読むことをお勧めします。

 

 

韓国では予想しやすい展開だった?!

ソウル市長自殺のニュースが出てすぐ、先生からメッセージをもらいました。
先生いわく、この事件の結末を結末を今年の4月に代表的右派YouTuberアン代表が予言していたそうです。

画面の先生の最後の一言は「鳥肌がたちました!」

確かにこうなってみると、事前に予想されていたのは驚きですね。

 

でも、私のイメージだとセクハラとかパワハラとか何かとあると被告側が自殺しやすいのが韓国。

今回も騒ぎが表に出た時点でその可能性もある気はしていました。
ただ、4月の時点ではセクハラ疑惑は公には出てなかったので、何かしらの理由で騒動が起こると予言したのか、それともアン代表は現状を把握していたのか…?!

 

気になるのでアン代表がどんな風に話していたの確認したかったんですが、彼が「正式に超右派になることを宣言する!」と発表したとたんにYouTube KOREAから除外されたそうです。
なんと…。

 

いや、こういうところも今の韓国らしいというか、分かりやすいというか…。

 

例えば、自殺した人の死体を撮影してYouTubeから除外された人気YouTuberがいましたが、そういうのは言う迄もなく完全にアウトですよね。

 

でも政治的思想によって権利を剥奪されるって、「仮にも民主主義を名乗っている国がどうなの?」と思います。
とはいえ、上にも書いたように「今の韓国ならさもありなん」という気持ちも。

何にせよ、終始複雑な気持ちになる事件ではありました。

 

 

ちゃんとわかりやすくまとめられたか、自信がないのですが、今回はここまでです!

 

 

今日も見てくださって、ありがとうございます!

また次回の更新でお会いしましょう

 

無料メールマガジン配信中!

登録はこちらから → 

0







-ふと思ったこと
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「이따가 봐」って言える関係に憧れる!韓国語の挨拶「あとでね」

안녕하세요?     先日の三連休、特に予定もなく終わりました。   しかもそのうちの1日は誕生日だったんですよね その日が一番勉強したかも。 カフェで勉強した後に、更に …

平昌オリンピック、開催国での若者の反応から色々と考えさせられます

안녕하세요❓ ネットでニュースを見ていて気になるものを発見! アメブロ時代も含め、これまでも会話レッスンで韓国の社会について書いていましたが、当然オリンピックにもその影響はありますよね。 一部ではキム …

第57回TOPIKⅡの結果は・・・

안녕하세요?     前回(2018.04.15)に受けたTOPIKⅡ。 WEBで結果が出ていることも知らず(もう少し先かと勘違いしてました) ハンマウン(한마음)のオンニに「もう …

no image

今日は今年2度目のTOPIKの日ですね

안녕하세요? oulmoonです。   今日は韓国語能力試験(TOPIK)の日ですね! 東京は生憎の雨ですが…。 全国の受験者の皆さん! 共に頑張りましょう!! 오늘은 한국어능력시험(TO …

「スムージー」はあなたの体に本当にいいのか?

안녕하세요?   今回は美容健康系について。 既にご存じの方も多い内容かもしれませんが😅   私が通っている鍼灸院があるのですが、前回の施術時に体質の話になりました。 私の担当の先 …