韓国語で人生が変わる!oulmoonのお一人様HAPPYライフ

2015年から本格的に韓国語の勉強をスタート!現在(2018年6月)TOPIK5級です!

ドラマ、映画

何かと気になる!話題の大ヒット韓国映画「パラサイト(原題:寄生虫(기생충))」について

投稿日:2019年8月27日 更新日:

韓国映画「パラサイト(寄生虫:기생충)について

 

안녕하세요?
oulmoonです。

 

先日の会話レッスンで、今年度カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した韓国映画「寄生虫(기생충)」の話題が出ました。

 

 

韓国で初のカンヌ映画祭パルムドール受賞作品「寄生虫(기생충)」

 

韓国映画好きならご存知の方も多いかもしれませんが、今年の5月25日に開催された第72回カンヌ国際映画祭の授賞式で、ポン・ジュノ監督の映画『寄生虫(パラサイト)/Parasite』が最高賞となるパルムドールに輝きました。

これまでもカンヌ映画祭で韓国映画はいくつかの賞を獲得していますが、パルムドール受賞はこれが初です。

 

カンヌ映画祭にてポン・ジュノ監督と主演のソン・ガンホさん

 

昨年の是枝裕和監督作『万引き家族』に続き、アジア勢で、しかもどちらも家族を題材にした映画で、連続でパルムドールを獲得する快挙となりました。

 

だ、残念なことに今年は日本作品がコンペティションに入らなかったせいか、あまり日本では話題になっていないようでしたけど。

 

パルムドールを初受賞というだけでもたいしたことなのですが、今回の受賞は韓国の映画界にとって特に大きな意味がありました。

 

実は今年が韓国映画誕生100年という記念の年なんです。

しかも6月17日にはオーストラリアのシドニー映画祭でも最高賞の「シドニー・フィルム・プライズ」を受賞したとのこと。

そのため韓国では非常な盛り上がりで、韓国では5月30日に公開となりましたが大ヒットしています。

 

ちなみにですが、映画公開から53日(5/30~7/21)で1,000万人突破。

同時期に『アラジン』や『トイ・ストーリー4』、『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』『ライオンキング』のディズニー、ハリウッド系の映画が上映される中で、いかに人気が高いかが伺えます。

 

 

 

「寄生虫(기생충)」ってどんな映画?

 

しかしですね、大抵の芸術作品は好みが分かれるように、この作品を実際に見た人の評価も結構分かれています。

私の韓国語の先生も、「ただの映画としてみてほしい。そうじゃないと…」という歯切れの悪い感想でした。(詳しくは後ほど)

 

どうも内容的に、今の韓国の現状をドキュメンタリーのように映し出してみえる部分もあるらしく、観る人によっては「胸が苦しくなる作品」のようです。

 

全部は私も観れていないので、今回は分かる範囲でざっくり情報などをご紹介しますね。

 

 

 

 

あらすじ

家族仲はいいが、全員が失業中で半地下の家で貧乏暮らしをしているギテク一家(ソン・ガンホら)。

しかし長男が裕福なIT企業社長の家庭(パク家)の家庭教師についたのを機に、一家はそこへ寄生し徐々に生活も変化していくが…。

 

 

 

概要

貧富の差の問題を題材にしつつ、エンターテインメント性と社会性を両立したブラックコメディー。

格差社会を批判する社会派映画でありながらも、分かりやすいストーリー運びとブラックユーモア、効果的技術や工夫された設定などのよって、高い評価をうけている作品。

先の読めない予想を裏切るストーリーに衝撃を受ける人も多い。

 

 

 

ネットで検索すれば分かりますが、数多くの映画評論家たちが「ブラックコメディー」と表現しています。

でも単にそれだけで割り切れないほど、一言でこの作品のジャンルを説明するのは難しいようです。

物語の中盤で話の流れが変わってからはサスペンスのようなスリラーのような要素もあり、R15に指定されていますが、R19まで制限したほうがいいという意見もちらほらみました。

後味のいい映画ではないことは確かのようですが、階層・格差・お金・善悪・家族・正義など、色々と考えさせられる作品でもあるよう。

 

 

でも色々ある情報の中で、私が一番「へー」と思ったのは先生の感想でした。

先生の言葉をそのまま借りると、「この作品は『韓国人だから100%理解できる』というものではなく、『社会主義者・共産主義なのか資本主義なのか』で違和感なく納得できるか、理解できないかに分かれる作品」だそうです。

 

私は差別的な問題は別としても、貧富の差があるのは仕方ないというか、競争意識があるからこそ経済や社会は向上すると思っているのですが、「みんな平等であるべきだ」「裕福な人は悪だ」的な思想の人なら映画の中で起きる「ある行動」も理解できるそうです。

 

先生も私と同じ考えの持ち主なので、最後まで「なんでこうなるの?」という感覚が支配して、「この作品って政治的なメッセージがあるのかも」とモヤモヤしたとか。

だからこそ「ただのフィクション映画としてなら楽しめる」と言われていました。

 

「政治的なメッセージ」と書くとちょっと抽象的に感じる方もいるかもしれませんが、前々から「文大統領にかわってから、SNSの規制があったり、映画などでも親北的な内容や社会主義的なメッセージを含むものが進んで作られるようになった」と聞きます。

全てを鵜呑みにするわけではありませんし、芸術作品なんて角度を変えれば感じ方はいかようにもなるかもしれません。

でも確かに「そうかもな…」と思う部分もあります。(今度観に行こうと思っている作品もそれっぽいので

 

 

そのせいか、これまでは映画作品に関していちいちそんなこと言わなかった先生がよく「単純にフィクションとして楽しんでください」ということが多くなりました。

まぁ、この話はちょっと頭の隅に入れておいてもらうくらいで構わないのですが。

 

 

とにかくいろいろな意味でなかなかの衝撃的な作品のようなので、個人的には日本公開(2020年1月予定)を楽しみにしています。

 

 

ちなみにコネストでも「寄生虫」が紹介されててました

韓国映画「寄生虫」(『パラサイト 半地下の家族』)をより楽しむための韓国文化キーワード6つ → 

 

 

もし「寄生虫」をみたいという方は、以下で観ることも可能です。

https://a3.mybinoo.app/movies/기생충/

※日本語字幕なし

ただ視聴するなら問題ないですが、ダウンロードしてみるのは違法なのでご注意ください※1

(当たり前のことですが、一番いいのは韓国で観るか日本公開されるのを待ってからです)

 

※1 参考①平成24年10月から著作権法が変わりました
販売または有料配信されている音楽や映像の「違法ダウンロード」は刑罰の対象となりました → 

 

※1 参考②불법 스트리밍 사이트도 이용하는 것은 합법? → 

韓国も同じように「視聴するだけなら違法に問われない」という感じで一応規制されているようです。

 

 

一応私も少しづつ観てますけどね…

字幕ないからちゃんと理解できているか不安なので、やっぱり早く公開してほしい!

 

 

ちなみに韓国映画に関して、こんなブログもありました

2019년기준 역대한국 흥행영화 순위1위 ~ 60위 → 

 

 

 

おまけ:韓国映画のカンヌ映画祭受賞歴など

 

ここで、せっかくなので韓国のカンヌ映画祭での受賞歴を少しご紹介します。

 

2000年:イム・グォンテク監督の『春香伝』が初めてノミネート

 

2001年:ソン・イルゴン監督の『遠足』が短編コンペティション部門の審査員賞を受賞

 

2002年:イム・グァンテク監督の『酔画仙』が監督賞受賞

 

2004年:パク・チャヌク監督の『オールドボーイ』が審査員特別賞を受賞

 

2007年:女優チョン・ドヨンが『シークレット・サンシャイン』で主演女優賞を受賞

 

2009年:パク・チャンウク監督の『渇き』が審査員賞を受賞

 

2010年:イ・チャンドン監督の『ポエトリー/アグネスの詩』が脚本賞を受賞

 

2013年:ムン・ビョンゴン監督の『セーフ』が短編映画パルム・ドール賞を受賞

 

2016年:パク・チャヌク監督の『お嬢さん』がバルカン賞(技術賞)を受賞

 

2017年:ポン・ジュノ監督作のNetflix映画『オクジャ/okja』とホン・サンス監督の『その後』がコンペティション部門選出。

 

2018年:イ・チャンドン監督の『バーニング』が国際映画批評家連盟賞(FIPRESCI)とバルカン賞(技術賞)を受賞

 

2019年:ポン・ジュノ監督の『パラサイト』が韓国初の長編でパルム・ドール賞を受賞

 

詳しくはこちら

カンヌ映画祭(韓国のWikipedia) → 

 

そうそう!

カンヌ以外で「世界3大映画祭」と呼ばれているのはベルリン映画祭、ベネチア映画祭ですよね。

韓国映画がカンヌ以外で最高賞を受賞した作品は、2012年のベネチア映画祭でキム・ギドク監督の『嘆きのピエタ』。

これは金獅子賞に選ばれています。

つまり映画祭の垣根をこえれば、韓国映画の最高賞受賞は7年ぶりというわけです。

 

よく芸術に国境はないと言われます日本にしろ韓国にしろ、これからもアジアの作品がどんどん認められていくといいな。

 

さて、色々書きましたが、賛否両論ある「기생충」に自分がどんな感想を抱くのか…それを確認するためにも公開を楽しみにしています。

では、今回はここまで。

 

 

では、今日も見てくださってありがとうございます!

また、よろしくお願いいします

 

メールマガジン始めました!

登録はこちらから → 

 


 

1日15分であなたの韓国語をぐんぐん伸ばす!~通訳だから知っている韓国語脳のしくみを大公開~【元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法・ベーシックコース】

 



 

韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ~4時間55分の音声でハングル脳がみるみる目覚める!!【超らく韓国語マスター術】

0







-ドラマ、映画
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

張りつめた緊張感に目が離せない!韓国映画「해매(邦題:海にかかる霧)」を観ました

안녕하세요? oulmoonです。     先日のことです。   いつものごとくケーブルテレビをつけたら、ちょうどよく知らない韓国映画が始まったところだったので情報ゼロで …

韓国語で「映画がヒットする」「探査クルー」って何て言う?会話レッスンで映画「オデッセイ」の話をしました♪

안녕하세요?     今回の会話レッスンの内容も1ヶ月ずれの8月上旬のお話です   会話用のレッスンなので、表現も「実際の会話で使う」ものが多いです。 そのため、意訳的な …

映画で韓国語を楽しく勉強!韓国映画「두근두근 내 인생(邦題:世界で一番いとしい君へ)」からNo.1

  안녕하세요? oulmoonです。     今回は前回ご紹介した映画に関連する単語や表現をまとめていきます 楽しく韓国語を覚えていきましょう!   &nbs …

no image

キム・ユンソク(김윤석)さんが渋い!!韓国映画「あなた、そこにいてくれますか?(당신,거기 있어줄래요?)」を観ました♪

안녕하세요?     先週の土曜にアップした会話レッスンにも出てきましたが韓国映画のご紹介です。     いつもは映画紹介をしてから、関連する韓国語を載せるので …

韓国語で「板挟みになる」って何て言う?「촉을 가지다」って何て訳す?会話レッスンで前職の話や韓国ドラマについて話しました♪

안녕하세요?   新しい職場で引き継ぎが済んで、今日で最初の一週間が過ぎます。 色々と歩みは遅いし、周りに助けてもらいつつ、なんとかやってます。 週末は本当に「休む」ことに専念しそう! &n …